にんじんジュースで健康&アンチエイジング

うさこのにんじんジュース生活

にんじんジュースを作る

にんじんジュースのカスを利用。人参嫌いでも食べれる人参カスの消費料理

投稿日:2016年9月13日 更新日:

https://ninjin-juice.com

にんじんジュースを作ると必ず出てしまう搾りかす。

多くの栄養はジュースとして絞られていますが、残った搾りかすにも栄養は残っているし、不溶性の食物繊維も多くのこっているので捨ててしまうのは勿体ない。

できるだけ捨てないように。全部食べれるように日々の料理に使ってみてはいかがでしょうか?うちの子供たちは人参の味が苦手なので、人参の味が気にならない使い方を心がけています。

私のにんじんジュースの搾りかすの活用方法を一部ご紹介します。

スポンサーリンク




にんじんジュースの搾りカスの保存方法

にんじんジュースを作るととても多くの搾りカスが出てしまいます。

ジュースと同じくらいの量が出てしまいます。

P8170366

搾ったその日次の日くらいまでに使う予定があれば、冷蔵庫にそのまま保管をしておきますがすぐに使う予定がない場合には冷凍保存をしてしまいます。

搾りかすを多く使える料理をするときに、冷凍しているものもまとめて使ってしまっています。

ハンバーグなどひき肉料理

搾りかすをまとめて使える料理と言えば、ひき肉を使った料理が一番手軽でたくさん使えます!

うさこ
人参の味もわかりにくいので、人参嫌いのお子さんにもバレずに人参の搾りかすの消費ができますよ。

ハンバーグ、餃子、ミートボール、ロールキャベツなどの他、そぼろを作る時も入れています。(ハンバーグなどよりは控えめに)

P8240021

スープやカレーの汁物に

カレーを作る時にも多めに入れています。

ドライカレーっぽくなるように、玉ねぎなどはみじん切りをして、ひき肉を使ったりしてごまかしています。
人参を多く入れすぎると、人参の味がきつくなってしまうようで人参嫌いには少し食べにくいようです。

ミートソースを作る時にも多めに入れてもOKです。

P8220022

玉ねぎとジャガイモを潰して煮たスープの中にも入れてもOK。

人参が苦手な場合は入れすぎるとジャガイモなどの味より人参が買ってしまうので注意です。

P8210009

なめらかなポタージュを作るならスープリーズQがおすすめです。

スープリーズQを使ってみた【口コミ】にんじんジュースのカス入りスープも

このたびずっと気になっていた「スープリーズQ」を購入し実際に使ってみましたので、使い方などを口コミさせていただきます。 使い勝手もよく、簡単に野菜たっぷりのスープができあがるので買ってよかったなー。と ...

続きを見る

 

パンやご飯に混ぜて炊く

パンを焼くときやご飯を炊くときに少し入れることでほんのり赤い色がついてカワイイパンやご飯になります。

P8220024

パンの場合、焼き立てはふんわり人参の香りがしますが、人参の甘さとパンの甘さが合っていて、人参嫌いの子でもパクパク食べることができます。

ただ、冷めてしまうと人参の味がよく感じるようになってしまうため、人参嫌いには焼き立てパンがお勧めです。

にんじんジュースのカスだって無駄なく使えるアレンジを!

その他、シューマイ、にんじんケーキ、ふりかけなど人参のカスの使い道はとーってもたくさんありますので、人参の栄養を余すところなく摂るためにも搾りかすをフル活用してくださいね。

→ CookPadで紹介されているにんじんジュースのカスを使ったレシピ作ってみました。

にんじんジュースを毎日何度も飲んでいる方は、搾りかすの量も多く消費し切れないと思います。

その場合、ジュースで人参の栄養はしっかり取れていますので無理せず搾りかすは処分されてもよいと思いますが、食べないとしても何か他のことに活用できるといいですよね。

たとえば、コンポストなどを利用されている場合には堆肥作りに活用することもできますね。

 

スロージューサーを使い始めると、カスの消費方法の工夫というのも続けるためのポイントとなってくると思います。

いろいろな料理に上手に使って、無駄なく栄養価のある人参を使いきりましょうね!




-にんじんジュースを作る

Copyright© うさこのにんじんジュース生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.