にんじんジュースで健康&アンチエイジング

うさこのにんじんジュース生活

食べ物のこと

酵素の効果を生かす!コールドプレスジュース飲むならコレは辞めるべし

投稿日:2016年7月6日 更新日:

にんじんジュースをはじめ、生野菜やフルーツには酵素がたっぷりです。

低速ジューサーで作ったジュース『コールドプレスジュース』には、β₋カロテンだけでなく体内の酵素を補助する栄養もたっぷり含まれています。

にんじんジュースをはじめとした『コールドプレスジュース』を飲むなら、酵素を生かす生活をすることも大切ですよね。

→ 酵素を生かした生活スタイルについてはコチラに載せています。

そして、限られた酵素を無駄にしないためにも、食べないほうが良いものがあります。

せっかく、コールドプレスジュースで酵素を摂るのですから、酵素を無駄に使ってしまうようなものは食べるの辞めませんか?

そうはいっても、全部辞めるのは難しい・・・。それなら少なくするよう意識してみると違ってくるかもしれません。

スポンサーリンク




白い砂糖

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

白い砂糖が体によくないことは近年よく聞きますよね。

白い砂糖はさとうきびを精製して作られています。精製する段階でビタミンやミネラルがなくなってしまい、ただの甘いカロリーだけのものになってしまうそうなのです。

白い砂糖は、ぶどう糖と果糖がくっついたショ糖というものです。
ぶどう糖と果糖は別々ならとても体によい働きをしてくれる糖なのですが、この二つがくっついた状態であるショ糖は体の中で消化されないことが多いのです。

消化酵素が消化しようとしても、なかなか消化できず、その結果大量の酵素の無駄遣いをします。

また、消化不良の状態で入の中に残ることで、悪玉菌のエサになってしまいます。

消化されると急激に血糖値があがり、急激に上がった血糖値は急激に下げるしくみを体は持っています。血糖値が急上昇急低下することで体に冷えが生じてしまいます。

単に酵素を無駄遣いするから。という理由だけでなく、血液の流れが悪くなるという理由からも白い砂糖は辞めたほうが良いものなのです。

うさこ
特に40代~50代の女性は閉経前後にあたり更年期障害が気になりますよね。
更年期障害の様々な辛い症状は血液のめぐりが悪くなるからなのです。ホルモンバランスの崩れにより、血液のめぐりは悪くなりがちです。さらに砂糖の取りすぎで悪化させると辛い症状がでてしまう可能性が高くなってしまいます。

そうはいっても、外食やお菓子類などで使われている砂糖はほとんどが白い砂糖です。食べないに越したことはありませんが、全部排除するのは難しいですよね。

それなら、家庭での料理で使うお砂糖を変えてみてはどうでしょうか?黒砂糖、甜菜糖、米飴、メープルシロップなど自然からできているものがお勧めです。三温糖は白い砂糖を作る時のあまり物なので、白い砂糖等同じと考えても良いそうです。そのため、お勧めできない砂糖の種類なのです。

食品添加物

3b3419f24eb8afb10f034096be40d68c_s

今やどんな食品にも使われているのではないかと思われるほど、当たり前のように使われている食品添加物。

これも酵素を無駄遣いさせるため、辞めるべきものになります。

 

食品添加物は消化されることはありません。

そのまま体外に排出されます。でも、体は消化させようと思い体外に出るまで一生懸命仕事をしてくれます。つまり消化できないものに大量の酵素を使っているのです。

食品添加物を多く摂るということは、酵素を無駄遣いするとういことです。

また、酵素自体を変形させ発がん性の高いものに変えてしまったりすることがあるそうです。怖いですね・・・

今の日本では賞品添加物を一切食べない食事と言うのは難しいのかもしれませんが、少しでも使われている量が少ないものを選ぶべきです。

食品添加物を食べると疲れやすく、キレやすいと聞いたことはありませんか?酵素が不足してしまうのもその一因となっているようです。

体によくない油

脂質となる油は私達の体にとっては必要なものです。

だから食事を通して摂ることも必要です。でも、体にとってよくない油もあるので、その油は避けるべきです。これらの油は酵素を大量に無駄遣いしてしまいます。

トランス型脂肪酸

マーガリンやショートニングなど人工的な食品で体内では代謝されません。
代謝されないだけでなく、体内でビタミンなどを壊してしまいます。コールドプレスジュースなどでビタミンミネラルを摂っても、トランス型脂肪酸はそれを破壊してしまうのです。

酸化した油

酸化した油は動脈硬化の原因、活性酸素の大量発生の原因となります。
揚げたりいためたりして時間の経過した油は酸化します。油で揚げて時間が経過したものも酸化が進んでしまいます。

なたね油やグレープシードオイル、玄米油、ベニバナ油、ごま油は加熱をしても酸化しにくい油です。お家での調理にはこれらの油を利用すると良さそうです。

リノール酸油

食物性の油に多く含まれるリノール酸の過剰摂取はアレルギーや癌、免疫低下の原因になることがわかっています。

酵素を生かすためにやめたい「砂糖」と「添加物」「体に良くない油」そして、食べ過ぎも要注意

酵素を無駄遣いをしないためにも、白い砂糖、食品添加物、良くない油は避けるべきです。

全部避けるのはムリなので、少し意識をするだけでも摂取量は随分と変わってくると思います。

またこれらの食品だけでなく、私達の体に必要とされている栄養分でも食べ過ぎはいけません。

炭水化物、肉や魚などのたんぱく質なども消化に多くの酵素を使うため、大量に食べると酵素を無駄遣いするうえ、消化不良を起こしあらゆる病気の種となってしまう可能性がでてきます。

せっかくのにんじんジュースをはじめとしたコールドプレスジュースの効果を生かすためにも、食生活を改善することを意識することも大切ですね。




-食べ物のこと
-

Copyright© うさこのにんじんジュース生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.