にんじんジュースで健康&アンチエイジング

うさこのにんじんジュース生活

食べ物のこと

酵素で免疫力アップ!病気になりにくい体づくりに必要なことは?

投稿日:2016年6月29日 更新日:

免疫力があるとかないとか、よく聞きますよね?

この免疫とはざっくり簡単に言うと、病気に負けない力のことです。
病気に負けない力である免疫力がアップすれば、風邪などの軽い病気から癌などの重い病気にもなりにくくなるそうです。

その免疫力が「酵素」によってアップするというのです。免疫力とは?酵素で免疫力をアップさせるとはどういうことなのか?知って、病気になりにくい元気な体を目指してみませんか?

スポンサーリンク




免疫力ってなに?

免疫力とは細菌、ウィルス、真菌、体内に侵入した異物や危険物質から身体を守ってくれる力のことです。

20歳くらいをピークに徐々に免疫力は下がり、40代ではピーク時の半分、50代では3分の1になってしまいます。

つまり、年を追うごとに病気になりやすい体になってしまうということです。

07885ae7da08e979589135a9cb48954b_s

免疫力はアップできるの?

免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」があります。

自然免疫は生まれ持った免疫力のこと。獲得免疫とは病原体に感染することで身につく免疫のことです。

予防接種などをするのは獲得免疫を付けるためです。

予めごく少量の病原体を体に入れることで、その病原体にたいする免疫力を付けることができるのです。

自然免疫は年齢とともに弱くなってしまいます。年齢を重ねるごとに病気にかかりやすいのはこのためなんですね。

 

では、病気になりにくい体を手に入れるにはどうすればいいのか?というと、それは自然免疫のチカラをアップさせること。

年齢と共に減少してしまう免疫力を食事内容の改善で免疫力をアップさせることができるんです。

うさこ
もちろん、若い方達も食事内容を改善することにより、より免疫力をアップさせることができます。

免疫アップの決め手は腸内環境

免疫をアップさせるにはどうするか?それは腸内環境を良くすることです。

腸は食べたものの栄養を吸収するだけでなく、体の中に入ってき異物や病原菌などを食い止めるところにもなります。

だから腸の環境が良い状態だと、しっかりと食い止めてくれるのですが、よくない状態だと体の奥まで菌がどんどんと入っていってしまうということなのです。

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_s

善玉菌を増やす

腸内環境を良い状態にするには、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌といわれるもので、外部から入ってくる菌をやっつけてくれる役割を持っています。

一方、悪玉菌といわれる菌は腸内を腐敗させたり、発がん性物質などの有害物質を作ります。消化の悪いものや、食べ過ぎが続くと悪玉菌が増えてしまいます。

腸内細菌の総量はほぼ決まっているそうなので、悪玉菌が増えると必然的に善玉菌が減ってしまいます。

だから、悪玉菌が増えないようにすれば善玉菌が優位になるということなのです。

食物繊維と酵素

悪玉菌が増えないようにするには、

  • 消化の悪いものを食べ過ぎないする。
  • 食べ過ぎないようにする。

ということは大切です。そして、食物繊維と食物酵素をたっぷりと摂る。ということがポイントになります。

9f2dcadae1b26fbf06120d5b27d0205e_s

食物繊維は、排便作用や善玉菌を増やす働きがあります。

⇒ 食物繊維について詳しくはコチラをご覧ください

また、食物酵素をたっぷりとることで、消化酵素を助けることになります。

⇒ 酵素の働きについて 詳しくはコチラ

食物繊維と酵素で腸内環境改善&免疫力アップ

食物繊維をたくさんとることで、便が出やすい状態になり腸内には不要なものがなくなり環境が良くなります。

さらに食物酵素をたくさん体内に取り込むことで、その酵素が消化を助け、効率よく栄養を消化吸収ができるようになります。

私達が口から食べたものはすべて腸で処理され体内に吸収されていきます。

腸の調子が良いと、体の調子も良い。代謝もよくなり、免疫力もアップする。ということなのですね!

酵素は生の野菜やフルーツにたっぷりと含まれています。

加熱せずに食べることで、体内に食物酵素を多く取り込むことができるようになります。

食物繊維も、野菜や海藻類に多く含まれていますので意識して食事に取り入れたいですね。

コールドプレスジュースやスムージーなどを利用して効率よく摂ることもお勧めです。

腸内環境の目安になる『うんち』と『おなら』

酵素と食物繊維などを意識してとると、腸内環境は良くなるのですが、体調や食べたものによっては、これで足りているのかな?今の腸の状態はどうなのかな?と気になりますよね。

腸内環境がどんな状態なのか知る目安となるのが「うんち」と「おなら」です。

  • バナナ状の黄色いウンチが1日1~数本。
  • 太さもバナナくらい
  • 臭くない
  • 水に浮く

こんなうんちが理想のうんちです。

  • 音が出る
  • 臭くない

これが、理想のオナラです。

焼肉を食べ過ぎた日など、すっごく臭いおならやウンチが出たことはありませんか?

あれは、消化しきれず腸の中で腐敗発酵が進んでしまっている証拠なのです。

ご自分の排泄物の状態をチェックして、良い状態でなけれあ食物繊維と酵素を更に意識すると腸内環境の改善に更に役に立ちますよ。

腸内環境を改善し、免疫力アップで健康的な体を

体を病気などから守ってくれる免疫力は、食事内容を改善し腸内環境をよくすることでより強くすることができます。

腸内環境はみなさんご存知の通り、ちょっとしたストレスなどでも悪くなてしまう場合もありますが、それでも食事内容を意識することで腸内環境を悪化することを防ぐことができます。

腸内環境が整うということは、いつも「スッキリ」しているということです。

腸内環境を整えると免疫力アップだけでなく、幸せホルモンのセロトニンの分泌も多くされますので気持ちも前向きに明るくなるのでより健康で元気な毎日が過ごせるようになりますよ。

そのためにも、たっぷりの野菜をとりましょう。

たっぷりの野菜を摂るために上手にジュースなどを利用してみてくださいね。カゴメ【つぶより野菜】お試し15本セット




-食べ物のこと
-, ,

Copyright© うさこのにんじんジュース生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.