にんじんジュースで健康&アンチエイジング

うさこのにんじんジュース生活

にんじんジュースが効く

にんじんジュースとGI値 人参は血糖値をあげる?

投稿日:2016年12月31日 更新日:

ダイエットや健康に気を遣う方なら【糖質】ってとても気になりますよね。

最近ではゆるやかな糖質制限をおこなうロカボが注目されています。糖質制限を行う時に必ず出てくるGI値というものがありますが、これは食品が血糖値を上昇させるスピードの目安となりGI値が高いほど急上昇すると考えられます。

野菜類はGI値が低いものが多いのですが・・・人参はGI値が高く糖質制限には不向きな食材と紹介されていることが多いのです。

健康のために飲みたいにんじんジュースが血糖値をあげる?!じゃぁ、にんじんジュースは飲まないほうがいいの??など、気になることを調べてみました。

調べた結果、にんじんジュースの糖質はそれほど気にする必要はない。ということです。(ただし、適量を飲んでいた場合)

スポンサーリンク




血糖値とはいったいなに?血糖値が高いとダメな理由を知っておこう

人参はGI値が高く血糖値をあげやすい食品として紹介がされています。血糖値とは名前の通り血液中の糖の量です。

私たちは体を動かすエネルギーを食事から摂っています。体を動かすエネルギーとなるのは主に”糖質”です。

体内に入った糖質は胃や腸で分解されて”ブドウ糖”にかわり全身の細胞でエネルギーとして使われるのです。

血糖値とインスリン

食べ物に含まれる糖質は体内で”ブドウ糖”に変わります。

体内に糖質が入ると、すい臓からインスリンが分泌されることで、糖質がブドウ糖へと変わります。

インスリンの働きが正常であれば、血液中に糖が増えると感知して必要な量のインスリンを分泌します。そして糖をブドウ糖に変えることで血液中の血糖値を下げてくれるのです。

インスリンの働きが悪くなり血糖値が常に高い状態にあるのが”糖尿病”です。

血糖値が高いとどうなるの?

血糖値が高いと体にとって良くないことが起こってしまいます。

  • ドロドロ血液になり、血栓を作ったり血管壁を破壊してしまう
  • 使われなかったエネルギーが脂肪として蓄積される

ドロドロ血液になり、血栓を作ったり血管壁を破壊してしまうことで、脳卒中や動脈硬化などの怖い病気を引き起こしてしまうことになります。

また血糖値が高いと癌やアルツハイマーにかかりやすいとも言われています。

インスリンの働きが悪くなるのはなぜ

血液中に糖が多く含まれていたとしても、インスリンがしっかり働けば血液中の血糖値は正常になります。

でもインスリンの働きが低下してしまう原因があるんです。

  • 食べ過ぎ・食生活の乱れ
  • 肥満
  • 運動不足
  • 加齢
  • 妊娠

糖質が多い食品ばかり(ごはんやパン・麺類)を好んで食べていたり、早食いをしたり、お菓子を頻繁に食べていると常に血糖値が高い状態になるためインスリンの働きが悪くなってしまいます。

血糖値をあげない。インスリンの働きを正常に保つには?

血糖値を上げないようにするには、糖質を含む食品を食べなければよいのですが脳が働いたり、体を動かしたりするために糖は必要なエネルギーなので極端な糖質制限は危険ともいわれています。

また、急に血糖値があがることでインスリンが一時的に大量に分泌されますが、それでも処理が追い付かず高血糖の状態になってしまいます。そして膵臓が疲れてしまってインスリンの分泌が悪くなってしまいます。

そのため血糖値を上げない。インスリンの働きを正常に保つためには血糖値を急激に上げないことが大切なのです。

血糖値を急激に上げる食品の目安GI値

どんな食事をしても血糖値は一時的に上がりますが、血糖値の上昇が緩やかであればインスリンの働きも正常に保たれます。そのため血糖値を急激に上げない食事をすることが大切です。

その時に目安になるのが食品のGI値。GI値とはグリセミック・インデックス値の略であり、その食品がどれだけ血糖値を上昇させるかを表す数値です。

GI値が低いほど正午の血糖値の上がり具合が緩やかだといわれています。

100gあたりのGI値
白米 84
食パン 91
牛肉 45
人参 80
玉ねぎ 30

血糖値を上げないために、GI値の低い食品を選ぶとよいとされています。

うさこ
人参も確かにGI値が高いですね。

白米なみにGI値が高い人参!ジュースは飲むべきじゃないの?!

血糖値を上げないためにはGI値の低い食品を選ぶべきとされていて、野菜のGI値は低いとされているのですが人参とジャガイモだけは別です。

血糖値を上げやすいとされる白米がGI値84なのに対し、じゃがいもは90、人参は80と非常にGI値が高いのです。

だから低糖食やロカボ食では人参やジャガイモは食べないほうが良い食品として紹介されてることが多いそうです。

gohan151214238662_tp_v

にんじんジュースの本当のGI値は

にんじんジュースを愛飲していると、このGI値はかなり気になりますよね。

このGI値は「その食品に含まれる糖質50g分を摂取した場合の数値」であることに注目しないといけません。

白米はお茶碗一杯でだいたい150gです。お茶碗一杯分に含まれる糖質量は55.2gです。

人参は100gあたりの糖質が約4.7gなので、白米お茶碗一杯分と同じ糖質を取ろうと思うと人参を1170gほど食べないといけないことになります。

人参1本150gと考えて・・・7~8本食べないと白米をお茶碗一杯分食べた時と同じ糖質量にはならないのです。

にんじんジュースは高血糖の原因にはならないのでは?

にんじんジュース1回分(コップ1~2杯分)に使う人参の量は多くても2~3本。そしてリンゴも使うことを考えると(りんごのGI値は39、りんご100g[半分くらい]の糖質は約13.1g)にんじんジュースを飲んだからと言って高血糖の原因にはならないのではないでしょうか?

むしろ、人参を避けることで人参に含まれる強い抗酸化作用を持つβ‐カロテンを摂取できないというデメリットがあるように思えるのです。

糖尿病などの病気のある人は注意

にんじんジュースの糖質はそれほど気にしなくてもよいのでは?と紹介しましたが、これは体の状態が正常な人の場合です。

糖尿病を患っている場合や、ほかに疾患がある場合には血糖値を上昇させる原因になってしまう場合もあるようなのでお医者さんとよく相談してください。

毎日飲みたいにんじんジュース

糖尿病や高血糖など病気を患っていない場合には、糖質を意識しすぎてにんじんジュースを飲まないのはちょっと勿体ないような気がします。

とはいえ、スロージューサーで作るジュースは糖をむき出しにするため、そのまま食べるのに比べると血糖値が上がりやすいとも言われています。

うさこ
気になるようなら、にんじんジュースをベースにして他の野菜や果物の割合を増やしてみてはいかがでしょうか?

また食後に体を動かすことで血糖値が下がることが分かっています。

朝のにんじんジュースなら飲んだ後にすぐに仕事や家事に取り掛かるので、体を自然と動かすことになりますよね。

にんじんジュースは他の野菜ジュースよりも糖質は高めです。糖尿病などの疾患を持つ方、高血圧・高血糖の方はお医者さんとよく相談することをお勧めします。




-にんじんジュースが効く

Copyright© うさこのにんじんジュース生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.