にんじんジュースを作る

おいしい【にんじんジュース】を作るコツ 誰でも続けられる味にするには?

投稿日:2016年9月13日 更新日:

健康や美容のために、にんじんジュースを毎日飲むのはとても理想的なことだと思います。

でも、続けられるかどうかの一番のポイントはやはり味にあると思うんです。
どれだけ身体に良くても美味しくなければ続きません。

続けられる、美味しいにんじんジュースを作るコツをご紹介します。

にんじんジュースの味を知る

にんじんジュースをまだ飲んだことがない方が思うのは「本当に美味しいの?」ということに違いありません、、、よね。

私も、どっちかというと人参は苦手です。

にんじんジュースを飲んでいますが、料理に入った人参は子どものように避けてしまうという困った大人です(^_^;)
だから、にんじんジュースを始める前の一番の心配事は「ほんとに美味しいの?」ということ。

どこを見たって美味しいと書いてる。でもやはり自分で確認しないとわかりません。

とはいっても、ジューサーをいきなり買うのは値段も高くお勧めできないので冷凍のにんじんジュースをまずは飲んでみることをお勧めします。

→ ピカイチ野菜くんの冷凍にんじんジュースってどんなの?

私が試したピカイチ野菜くんの冷凍にんじんジュースには何種類かあるのですが、葉っぱ付きのジュースは家で再現することが難しと思うのでそれ以外の味のもので気になるものを試してみるのが良いのではないかな?と思います。

スロージューサーで更に美味しいにんじんジュース

冷凍のにんじんジュースを飲んでみて、これなら飲める!と思ったらジューサーを購入しましょう!

ジューサーは4万円ほどするものが殆どなので、よく吟味して購入されることをお勧めします。

ちなみに、私はヒューロムのH-AAを使っています。

P8170353
→ ヒューロムH-AAでにんじんジュースを作ってみました。

ヒューロムH-AAはフローズンやスムージーも作れる多機能スロージューサーなのですが、ジュースだけ作れれば良いという場合にはH15がお勧めですよ。

無農薬・有機栽培の人参を使う

スロージューサーでジュースを作る時には、無農薬栽培または有機栽培された人参を使ってください。

慣行栽培のものでもジュースは作れますが、味がかなり違ってきます。
農薬を使わない、化学肥料を使わずに有機栽培された人参は味がとても濃く甘みがあります。ジュースにするとその違いは歴然です。

P9030030

また、無農薬・有機栽培で育てられた農作物は人参に限らずとても栄養価が高くなります。
せっかく飲むジュースなのですから、栄養価が高い方が良いですよね。

甘くて栄養のある美味しい人参を使いましょう。

→ ジュース用の人参が買えるお店

りんごを使う

人参が苦手な場合、甘みのある無農薬・有機栽培された人参で作ったジュースでも飲みにくさを感じることがあります。

何度か人参だけで作って飲んでみましたが、私もちょっと苦手でした・・・。

飲みやすいジュースにするにはりんごを使いましょう。

P8170315

にんじんジュースのレシピなどを見ると、りんごの分量が決められているますが、その割合などは気にする必要がないと思います。

りんごも人参に負けないくらい、素晴らしいパワーをもっていますので、人参が苦手なら人参を減らしてりんごの分量を増やしてください。

→ りんごの効能について

色々な味にチャレンジ

人参とりんごをベースにしたにんじんジュースに他の野菜や果物を加えてみたり、人参がどうしても苦手ならりんごを主体にしてセロリやレタスなど違う野菜をブレンドしてみてください。

自分の体に不足している営養素が入ってくると、人間は「美味しい」と感じるそうです。

自分にあった味を見つけることが、にんじんジュースを続けるコツなんですね♪




-にんじんジュースを作る
-

Copyright© うさこのにんじんジュース生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.