にんじんジュース生活

レモン酢の効果を体に!国産レモンでレモン酢作り

投稿日:2016年11月2日 更新日:

にんじんジュースの基本レシピは、人参とレモン、そしてりんごです。
でも、レモンって値段も高いし入れなくても良いなら入れないほうが経済的にも助かりますよね。

私はにんじんジュースをほぼ毎日飲んでいますが、レモンは入れていません。
お金がかかる。という理由もあるのですが、レモンに入っているソラレンが紫外線を吸収するというのが一番の理由です。

肌を綺麗にする効果もあるにんじんジュースなのに・・紫外線を集めてしまってはなぁ・それにレモンは高いし。
という考えだったのですが、でもやはりレモンの効能は見逃せないものがありますので、健康のためにもアンチエイジングのためにもレモンを食べないなんてもったいないのです。

だから、レモン酢を取り入れてみてはどうでしょうか?

にんじんジュースにレモンを入れなくてもいいの?

にんじんジュースの基本レシピは、人参とレモンとりんごです。

レモンをにんじんジュースに入れる理由はレモンはビタミンCを補うというのもあるのですが、もうひとつの理由として人参に含まれるアスコビナ-ゼという酵素が空気に触れるとビタミンCを破壊させるとされていたからです。

でも最近ではアスコビナーゼで破壊されたビタミンCも体内に入ると破壊されていない物と同じように働くということがわかったそうです。

つまりレモンを入れなくても問題がないようです。

ただ、レモンにはビタミンCとクエン酸がたっぷりと含まれているため、活性酸素の除去や血管の強化なども期待ができるので入れたほうが健康効果の高いにんじんジュースができあがります。

P8170317

レモンは朝食べないほうがいい

にんじんジュースを朝飲んでいる方は多いと思います。私も朝に飲んでいます。

夜のにんじんジュースならレモンをたっぷり入れる方が良いです

でも、朝のにんじんジュースにはレモンは入れないほうが良いかもしれません。特に美容目的でにんじんジュースを飲んでいる場合は・・・。

 

それは、レモンをはじめとした柑橘類に含まれているソラレンの影響です。

紫外線の吸収をよくする成分なので、朝・昼のにんじんジュースに入れると紫外線の影響を受けやすくなってしまう。というのです。

→ 美肌に逆効果!?フルーツや野菜に含まれるソラレンって一体何?

レモン酢を作ってレモンの効能+αを取り入れる

にんじんジュースを朝ではなく夜にすればレモンを入れて問題ないのですが、私は朝のにんじんジュースを習慣としています。

そのため夜はレモン酢を作ってレモン酢ドリンクを飲むことにしました。

→ レモン酢の効果・効能についてはコチラ

レモン酢の材料

  • レモン 2個
  • 酢 400ml
  • 氷砂糖 180g

レモンは無農薬のものがベストです。一般的に売られているレモンは防腐剤やワックスがついているので無農薬・減農薬のものを選びましょう。

無農薬のレモンって一般的なスーパーでは売っていることが少ないので通販を利用すると便利です。

そして、国産の無農薬・減農薬レモンの収穫時期は10月末~11月末頃です

この時期を逃してしまうと無農薬・減農薬のレモンが手に入りにくくなってしまいます。

 

レモン酢を作る手順

レモン酢を作るには、材料以外に保存瓶が必要になります。

瓶に入れて長期保存をするので、煮沸消毒ができるもの、そしてレンジで加熱をするので両方可能なものを選んでください。

 

今回はコチラのレモンを利用しました。
私は食材の宅配のオイシックスを利用しています。オイシックスのレモンは無農薬ではないのですが減農薬で作られています。



pa260141

レモンは無農薬であっても一晩水に浸けておきます。

pa260144

煮沸消毒をした瓶に1センチ幅にスライスしたレモンと氷砂糖を入れていきます。

pa260149

そして酢を入れます。

pa260151

瓶の蓋をせずに、レンジでチンします。

500Wなら40秒くらい、600Wなら30秒ほど。

pa260155

 

粗熱が取れたら蓋をして常温でおきます。

12時間ほどで完成です。

pa260157

こちらは作ってから1週間ほど経過したレモン酢です。

pb020215

 

レモン酢をドリンクに入れたり、料理に使ったりして取り入れる

レモン酢はレモンと酢なのでストレートで飲むには無理ですが(^^; 炭酸で割ったり、ヨーグルトに少し入れたりするととても美味しく飲むことができます。

私は夜ヨーグルトスムージーを作って飲んでいますので、その中に大さじ2杯ほどレモン酢を入れることが多いです。

ヨーグルトは腸内環境を整える効果がありますが、腸が活動するのは夜寝ている間なんだそうです。
だからヨーグルトは夜食べたほうが効果があるそうですよ。

→ ヨーグルトの効果について詳しくはコチラ

→ 続けられる経済的なヨーグルトはコチラで紹介されています。

レモン酢はいつもの酢の代わりに料理に使ったりすることもできるので、毎日食事取り入れやすいので健康とアンチエイジングのためにぜひ取り入れたいですね。

 

ただ、効果の高いレモン酢を作るためには無農薬・減農薬のレモンが必要です。
国産の無農薬減農薬のレモンの収穫時期な10月末~11月末という短い期間です。

この時期にレモン酢を多めに作ってみてはいかがですか?レモン酢は1年間常温で保存が可能です。

 

 

 




-にんじんジュース生活
-

Copyright© うさこのにんじんジュース生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.